総合印刷

総合印刷

三共グラフィックは、書籍、雑誌、商業印刷はもちろん、企画や製本までお客様のあらゆるニーズに対応できる総合印刷会社です。
創業70年を超える豊富な経験と最新の設備で、確かな品質の印刷物をご提供しています。特に グラフィックの微妙な色合いを再現できる技術は、業界内で高い評判を得ています。印刷に関するご相談やお見積もり等、お気軽にお問い合わせください。

生産体制

生産管理

生産管理

“先端IT技術で制作進行をサポート”
生産管理チームでは自社開発の工程管理システムによる進捗管理を徹底し、円滑で快適な制作進行を提供しています。同時に日々進化し続けるテクノロジーに注視し、お客様のニーズに 対応した「ハード」「ソフト」の研究を怠りません。インターネット環境が普及・高速化した現在、お客様と工場をオンラインで結び、全体の業務をよりシステマチックに推進可能な体制を備えています。

画像処理

画像処理

画像処理部門は印刷用の画像加工はもちろん、その技術を応用し、CG、3G、写真・動画撮影、カラーマネージメント、オーサリング作業など、画像編集に関する幅広い技術を備えたチームです。バナー作成、切り抜き作業、 画像修正などの単純作業も、プロフェッショナルが対応することで、コストダウン・時間短縮が可能。WEBメディア、電子カタログ、動画素材、そして紙媒体へ。三共グラフィックの技術が新たな価値のあるコンテンツを生み出しています。

DTP

DTP

新旧のハードウェア・ソフトウェア環境を駆使し、原稿の整形から入力・編集・レイアウト・印刷など幅広い作業を行うDTPチーム。お客様の多様なリクエストや入稿形態に対応し、 適切な印刷用データを作成する能力と設備を備えています。さらにはお客様との積極的なコニュニケーションを通じ、よりメリットのあるワークフローを提案、実現をお手伝いいたします。より高品質な印刷物を制作したいという 意識を、DTPスタッフ一人ひとりが堅持。名手たちの手により、美しい文字組や画像が誕生します。

品質管理(検版)

品質管理(検版)

ワークシェアを試みながら人の目(アナログ検版)と機械の目(デジタル検版)により、厳しいチェックを実行、お客様から頂いた責了紙の正確な確認を行います。この重要な任務を果たす品質管理チームは、印刷前のチェックはもちろんリモート対応、印刷後のデータ管理やスキャメラワークによるフィルムからデータへの移行も行います。その結果、印刷物にリピート発注時の安定した再現性という付加価値を与えています。蓄積してきた経験と先進のテクノロジーを駆使しながらの前後の工程との協業作業。品質へのこだわりは、その仕上がりに表れます。

CTP・印刷

CTP・印刷

“刷版の熟練技を最先端CTPでも”
業界標準となったCTPワークフロー、しかし現像工程とその廃液による環境負荷が課題になっています。CTP部門は最新の技術動向に注目し、現像レスCTPプレートを導入。環境への負荷を 減らすとともにさらなる品質工場に大きく貢献しています。CTPチームにはアナログ刷版時代からの熟練の技術者も従事しており、経験に裏づけされた職人の眼でお客様の信頼にお応えしています。

オフセット印刷

オフセット印刷

最先端の印刷環境整備の一貫として、2015年に菊全判6色ハイブリッドUV機を導入。オフセット印刷チームは、モノクロ書籍対応の1色両面機、カラー書籍対応の4色両面機など、お客様の多様なニーズに対応できる設備環境を整備しています。 またCMS環境構築に加え、ベタ濃度の管理以外に3点グレーバランス管理による高度な色表現を追求。本機校正にも積極的に取り組み、お客様とのコミュニケーションを図りつつ、様々な品質要求にお応えしています。

POD

POD

2016年、最新POD機Versant TM 2100 Pressを導入し、小ロットでのオンデマンド出版やPOPなどの販促商材を企画提案。さらにインクジェットプリンターによる、ポスターやのぼりなどの印刷も企画段階から展開。 多品種少量生産における有効なビジネス戦略をサポートしていきます。

CMS

CMS

“徹底されたCMS環境” CMSにより全てのデバイスを徹底管理しています。2010年にJapan Color(ジャパンカラー)標準認証、2012年にはJapan Colorマッチング認証を取得。プリプレスのJapan Colorプルーフ認証と合わせ、高品質と安定した印刷物生産の両立を実現しました。

加工・物流

加工・物流

すべての部署でお客様の多様なリクエストにお応えできる体制を整備。加工・物流チームも、「わかりやすい説明」と「的確な判断」を徹底しています。積極的に新しいアイデアをご提案するとともに、絶えず厳しいチェックを行い最高のクオリティを目指すことで、お客様の信頼に応えています。

総合印刷

総合印刷

三共グラフィックは、書籍、雑誌、商業印刷はもちろん、企画や製本までお客様のあらゆるニーズに対応できる総合印刷会社です。
創業70年を超える豊富な経験と最新の設備で、確かな品質の印刷物をご提供しています。特に グラフィックの微妙な色合いを再現できる技術は、業界内で高い評判を得ています。印刷に関するご相談やお見積もり等、お気軽にお問い合わせください。

生産体制

生産管理

生産管理

“先端IT技術で制作進行をサポート”
生産管理チームでは自社開発の工程管理システムによる進捗管理を徹底し、円滑で快適な制作進行を提供しています。同時に日々進化し続けるテクノロジーに注視し、お客様のニーズに 対応した「ハード」「ソフト」の研究を怠りません。インターネット環境が普及・高速化した現在、お客様と工場をオンラインで結び、全体の業務をよりシステマチックに推進可能な体制を備えています。

画像処理

画像処理

画像処理部門は印刷用の画像加工はもちろん、その技術を応用し、CG、3G、写真・動画撮影、カラーマネージメント、オーサリング作業など、画像編集に関する幅広い技術を備えたチームです。バナー作成、切り抜き作業、 画像修正などの単純作業も、プロフェッショナルが対応することで、コストダウン・時間短縮が可能。WEBメディア、電子カタログ、動画素材、そして紙媒体へ。三共グラフィックの技術が  新たな価値のあるコンテンツを生み出しています。

DTP

DTP

新旧のハードウェア・ソフトウェア環境を駆使し、原稿の整形から入力・編集・レイアウト・印刷など幅広い作業を行うDTPチーム。お客様の多様なリクエストや入稿形態に対応し、 適切な印刷用データを作成する能力と設備を備えています。さらにはお客様との積極的なコニュニケーションを通じ、よりメリットのあるワークフローを提案、実現をお手伝いいたします。より高品質な印刷物を制作したいという 意識を、DTPスタッフ一人ひとりが堅持。名手たちの手により、美しい文字組や画像が誕生します。

品質管理(検版)

品質管理(検版)

人の目(アナログ検版)と機械の目(デジタル検版)により、厳しいチェックを実行。原稿の正確な再現を実現します。この重要な任務を果たす品質管理チームは、印刷前のチェックはもちろん、印刷後のデータやフィルムの管理 までも徹底して行います。その結果、印刷物にリピート発注時の安定した再現性という付加価値を与えています。蓄積してきた経験と先進のテクノロジーを駆使しながらの作業。品質へのこだわりは、その仕上がりに表れます。

CTP・印刷

CTP・印刷

“刷版の熟練技を最先端CTPでも”
業界標準となったCTPワークフロー、しかし現像工程とその廃液による環境負荷が課題になっています。CTP部門は最新の技術動向に注目し、現像レスCTPプレートを導入。環境への負荷を 減らすとともにさらなる品質工場に大きく貢献しています。CTPチームにはアナログ刷版時代からの熟練の技術者も従事しており、経験に裏づけされた職人の眼でお客様の信頼にお応えしています。

オフセット印刷

オフセット印刷

最先端の印刷環境整備の一貫として、2015年に菊全判6色ハイブリッドUV機を導入。オフセット印刷チームは、モノクロ書籍対応の1色両面機、8色機など、お客様の多様なニーズに対応できる設備環境を整備しています。 またCMS環境構築に加え、ベタ濃度の管理以外に3点グレーバランス管理による高度な色表現を追求。本機校正にも積極的に取り組み、お客様とのコミュニケーションを図りつつ、様々な品質要求にお応えしています。

POD

POD

2016年、最新POD機Versant TM 2100 Pressを導入し、小ロットでのオンデマンド出版やPOPなどの販促商材を企画提案。さらにインクジェットプリンターによる、ポスターやのぼりなどの印刷も企画段階から展開。 多品種少量生産における有効なビジネス戦略をサポートしていきます。

CMS

CMS

“徹底されたCMS環境” CMSにより全てのデバイスを徹底管理しています。2010年にJapan Color(ジャパンカラー)標準認証、2012年にはJapan Colorマッチング認証を取得。プリプレスのJapan Colorプルーフ認証と合わせ、高品質と安定した印刷物生産の両立を実現しました。

加工・物流

加工・物流

すべての部署でお客様の多様なリクエストにお応えできる体制を整備。加工・物流チームも、「わかりやすい説明」と「的確な判断」を徹底しています。積極的に新しいアイデアをご提案するとともに、絶えず厳しいチェックを行い最高のクオリティを目指すことで、お客様の信頼に応えています。