SANKYO MAGAZINE

magazine

三共グラフィックからのお知らせだけでなく、企業のマーケティング担当者や販促担当者の役に立つ、印刷やWeb関連の情報をお届けします。

2019.10.17

EMSで結果にコミットして腹筋は割れるのか?

未分類

Apple777です。

夏休みは沖縄に家族で旅行に行き、後半に向けて家族ともどもリフレッシュしてきました。韓国人旅行者がいないこと、珊瑚が破壊されていたり、ビーチにゴミが多く落ちていることなど、考えさせられた時間でもありました。

さて、「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」という本を読んでみました。食べる順番を変え、太りやすい食材を太りにくい食材に置き換える、通勤や勤務中にもできるくらいの軽い筋トレを行う、たったこれだけ、だそうです。

また、忙しいという言葉は、新たなことにチャレンジする意欲を奪い、やらない自分を正当化する言い訳として非常に便利な言葉とも。成功を手にするには小さな努力を少しずつ積み重ねながら自分を変えていくしか方法はなく、常に意識することが大事なのだということが本の表題につながっているのかなと感じました。痩せるためにガマンして食事を減らすと大きなストレスになったり、仕事に悪影響を及ぼすようになっては本末転倒。腹を凹ませるためには血糖値の急上昇を防ぐ食べ方を身につけることが重要だとの記述も参考になりました。

ただ、不思議なものです。お金をかけなくても運動はできるし、運動をすればいいと多くの人がわかっている。民間のフィットネスクラブは至る所にあり、運動をする環境を手に入れることは比較的簡単なはず。しかしながら常に実践することは容易ではないと考えてしまいます。運動している自分の成果を明確にイメージできるかが大切なのだと思います。一年前、ジムに行く途中の坂道を自転車で駆け上がっていくと、息が切れたり登りきれなかったりしていました。今では、スイスイ登れるようになり、体力が向上していると実感している今日この頃です。

と、偉そうなことを言いながら、お腹周りの贅肉が気になりはじめ、楽して(笑)腹筋を鍛えるなんていうことを考えてしまいました。そこで、あのライ○ップなら効果があるんじゃないということで、、、。ライ○ップ腹筋ベルト(3D Sha○er)を購入。
EMSは低周波治療器と同じ原理で医療機器として、運動選手のリハビリに開発されたものです。筋肉増強やシェイプアップ効果に期待があるとされ、今日かなり一般にも浸透してきました。スレン○ートーンやシック○パットも同様です。安価なものも売られています。3D Sha○erの本体価格は3万円くらいでした。本体をカラダに密着させるジェルが4000円前後(30回使用で買い替え推奨)。2019年7月28日に到着。不在でしたので再配達をあきらめ、郵便局まで取りに行きました。ダンボールを開封するとかなり豪華な箱でした。。中身は本体(32cm:保管用箱有り)とジェルパット、ベルト、説明書、内蔵電池等が入っていました。
 
本体をカラダに貼って10〜16分、1日数回、稼働させる感じです。コースは3種類、Plank(プランク):初級〜上級者コース(緩やかな刺激を16分)、Sit up(シットアップ):中級者コース(細かい刺激を10分)、Crunchi(クランチ):上級者コース(ランダムな刺激を10分)から選べます。また、刺激の強さは12段階。8個のパットで腹直筋と腹斜筋に刺激を与え、8パットビートが効果的です。
ジェルのラベルを剥がして、本体に貼るのですが、最初は恐る恐る貼る感じでしたが慣れれば結構うまくいきます。実際に腹部に貼ってスタート。筋肉が勝手に収縮して、思ってたよりも楽な感じで、強度をあげても痛さは感じませんでした。腹に巻いてスイッチを入れて10分程度、音楽を聞きながらテレビを観ながら実践するだけ。これで腹筋が割れるなら、安いもの。と思って実践しています。さあ、楽しくズル痩せの開始です。

ただ、この機械は脂肪を燃焼するものではないということ、運動習慣が大事なのは言うまでもありません。カラダの脂肪を燃焼させるには一定の有酸素運動が必要で、ランニングマシンで勾配をつけて30分以上歩くのが効果有りと聞いて実践しています。ジムとEMS効果、結果は今後に期待します。EMSの効果を最大限にするには筋肉の繊維に平行に貼る、効果のある時間帯は朝7時から18時だそうです。

デメリット:初期投資と維持費(ジェルパットと電池他)。 
メリット:苦労せずに腹筋を短時間で鍛えることができる。

ま、実際に買ってしまったので、後悔をしないように使っていきます。少しずつ効果が、、、。
早速、娘も使用。二人で使用すると、ジェルは一ヶ月もたないな。費用はさらにかさばりそうです。ただ、ジェルパットの費用負担は抜け道がありそうですが、、、ネ。

テクニカルサポート
pubmix
360
資料ダウンロード
TOPへ戻る