SANKYO MAGAZINE

magazine

三共グラフィックからのお知らせだけでなく、企業のマーケティング担当者や販促担当者の役に立つ、印刷やWeb関連の情報をお届けします。

2018.01.29

年賀状ッ!!

印刷

2018年、早くも1カ月が過ぎようとしています・・・。
年末のADの記事にもありましたが時間が経つのが早く感じることのないよう、長くて充実した、時間が足りないというような1年を過ごしたいと思っているイマケンです。
 遅くなりましたが、今年も宜しくお願いいたします。

みなさん、年賀状って出されてますか?
我が家は、昨年10月に祖母が亡くなったため喪中。そのため、毎年楽しみにしている年賀状がなく、なんとなく寂しい正月となりました。年賀状を作り、書くのは結構な手間で面倒くさいのですが、いただく年賀状は嬉しく楽しみでもあります。1年を通してあまり会う機会のない方の年賀状で近況を知り、安心したりもします。(逆にこないと心配に・・・)最近は、メールやSNSで済ましてしまう場合も多くなってきましたが、あの年賀状の温かみはやはり大事にしていきたい!!
我が家の年賀状も過去に作った年賀状をみると子供の成長などがわかり大事な思い出となっています。昨年は、小学校の卒業式や中学校の入学式などもあり、我が家にとっては良い年賀状になったかも・・・。ちょっと残念です。
喪中をはさむと、翌年にくる年賀状の数が激減するなんて話を聞きました。
寂しくならないよう、自分から心のこもった年賀状を出して、少しでも多くの年賀状をいただけるようにしたいと思います。 
 SNSで友達申請もらったり、自分の投稿に“いいね”をもらったり、それはそれで嬉しいのですが、こんなアナログな年賀状も大事にしていきたいなと思った正月でした。

やっぱり紙って・・・・・

 欲しいものがあればピンポイントでサイトに探しに行ってワンクリック、ちょっと挨拶をと思えばメールやSNS。でも、お正月って初売りや年賀状、除夜の鐘に初詣、お年玉におみくじと何となくアナログな感じのものが多いように感じます。しかも、そこには必ずといっていいほど何かしらの紙媒体が!!
 出版物ではありませんが、やはり紙(印刷物)がその場を盛り上げたり、人を集める役割を担っているような気がしませんか?なかったら寂しいし盛り上がらないし、人が集まらないなんてことになるかも・・・。
印刷物の存在感と価値観、やっぱり見直しました!!

  発信したい情報やコンテンツを様々なカタチでニーズに合わせて提案していけるよう勉強していきたいと思います。

あッ、初めて3Dで「スターウォーズ」を観ました。
迫力もあって面白かったです。
でも、少し酔い気味・・・・・。

テクニカルサポート
pubmix
360
資料ダウンロード
TOPへ戻る