SANKYO MAGAZINE

magazine

三共グラフィックからのお知らせだけでなく、企業のマーケティング担当者や販促担当者の役に立つ、印刷やWeb関連の情報をお届けします。

2018.05.17

大事な大事な財産ですッ!!

ソリューション

前回の投稿から5カ月が経ちました。御無沙汰しております。
改めまして、イマケンです。
2018年もやっぱり早い・・・。
ちょっと前の投稿に時間が経つのが早く感じるのは、忙しく充実しているからではなく、現在の状況に慣れ過ぎて目新しい刺激がないことが原因なんてことが書かれていたような・・・・・。
しっかりと考え・感じ、新しい刺激を探していきたと思います。

さて、出版社・印刷会社の皆様、置版フィルムの「劣化や紛失」「保管・保存・管理」「アナログ刷版の減少」「品質の安定」など、お困りではありませんか?

保管場所も必要だし・・・。
昔のデータは無く、フィルムしか残っていない・・・。
いつか使う時が来るのではないか・・・。
データ化することって出来るの?

置版フィルム問題、解決!!

そんな時、弊社の「置版フィルムデジタル化サービス」を利用しみてはいかがでしょうか?置版フィルム(印刷用データ)をスキャンし、印刷品質のデジタルデータを作成。高性能の専用スキャナーで読み取り、2400dpiという高精細のデータで保存することにより今まで難しかったモアレや線切れの無い置版フィルムのデジタル化を実現しました。

デジタル化することで、オフセットの印刷物だけでなくデジタル物への活用やオンデマンド印刷での少部数印刷など他にも色々と工夫によっては様々なもに対応・活用出来るようになります。
前途に挙げた諸問題から解放され、皆様の大事な大事な財産も活かす「置版フィルムデジタル化サービス」を是非、御検討・御利用いただければと思います。不明点や御相談があれば、お気軽に御連絡ください。

皆様の財産を改めて見直し、活用するキッカケに。
新しい刺激に繋げていただければと思います。

関連記事

テクニカルサポート
pubmix
360
資料ダウンロード
TOPへ戻る